pecl::imagickでサムネイルを作る時はstripImage()する癖をつけておいた方が無難かも

$img = new Imagick('src.jpg');
$img->thumbnailImage(80, 60);
$img->writeImage('dst.jpg');

これだとsrc.jpgはそれなりの大きさの画像だとして、80×60のサムネイルを作っているのになぜかファイルサイズが元画像とほぼ同じになってた。
(前はこれで良かったんだけど、いつからか仕様がかわった?)

$img = new Imagick('src.jpg');
$img->thumbnailImage(80, 60);
$img->stripImage();
$img->writeImage('dst.jpg');

としたらそれなりのファイルサイズになるようになった。
もしかしたら特定のバージョンのみで起こる現象なのかもしれないけど、普段からstripImage()する癖をつけておいた方が無難そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です