タグ別アーカイブ: dhcpd

dhcpdのフェイルオーバー時に”peer holds all free leases”とか言われた

CentOS 5 + dhcp 3.0.5-23で遭遇した現象。
dhcp-Aとdhcp-Bの二台構成で稼働している状態で、dhcp-Aが落ちたとして、dhcp-Bはdhcp-AがリースしていたIPアドレスもうまいこと捌いてくれるものだと思いきや、件のメッセージを残し何もしれくれませんでした。

続きを読む dhcpdのフェイルオーバー時に”peer holds all free leases”とか言われた

複数のLANカードを持つ環境でdhcpdに特定のinterfaceをlistenさせる方法

================================================================================
2. /etc/sysconfig/dhcpdの書き換え
で、このままではdhcpdはeth0側に対して動作しようとするので、/etc/sysconfig/dhcpdを書き換えて、
どのNICに対して動作するのか指定します。
書き換え前
============================
# Command line options here
DHCPDARGS=
============================
書き換え後
============================
# Command line options here
DHCPDARGS=eth1
============================