dhcpdのフェイルオーバー時に”peer holds all free leases”とか言われた

CentOS 5 + dhcp 3.0.5-23で遭遇した現象。
dhcp-Aとdhcp-Bの二台構成で稼働している状態で、dhcp-Aが落ちたとして、dhcp-Bはdhcp-AがリースしていたIPアドレスもうまいこと捌いてくれるものだと思いきや、件のメッセージを残し何もしれくれませんでした。

dhcp 3.0.5-29でうまいこと捌いてくれるようになっているということなので、dhcp failoverする時はそれより新しいバージョンを使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です