Apple Watchを使ってみてわかったこと

走ってる時の心拍数見れたら便利そう!でも、それだけのためにsuntoやgarminを買うほど走るわけでもないしなぁ… Apple Watchなら他のことにも使えて便利かも?という程度には興味があったのだけど、iPhoneに来た通知が受けられる以外に便利なことがイマイチ見出せず、しかも割とイイお値段なので様子見してたら、Apple Watch Sport 38mmを借りることができたので、少し使ってみてわかったことを。

  • 画面が小さくて操作しづらい時がある。42mmの方がきっと操作は楽
  • 付属のベルトは短め
  • クラウン(リューズ)がiPhoneのホームボタンの役割だと言うことに気がつかず悩んだ(マニュアル読めって話だけど)
  • 現時点でサードパーティーのアプリは心拍数センサーにアクセスできない(watchOS 2から解放されるらしい)
  • iPhoneとペアリングしていると、iPhoneのバッテリーの減りが早い気がする

と、ちょっと気になってしまった点が幾つかあったけど、

  • 通知をApple Watchで受けてサッと内容が確認できるのは快適
  • コンプリケーション(文字盤に追加できるウィジェット)でスケジュールが確認できるのが便利
  • アクティビティアプリのためになんとなく体を動かそうという気になる

と、いう点が思った以上に良い。
普段は画面がスリープしてるのに、文字盤を見ようとすると自動的に復帰するのが格好良かったり、普通の時計と違って暗いところでも見やすいというのも良いところかな。

まぁでも4万円強することを考えると、うーん悩む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です