SEO界隈で言う”ペナルティ”には二種類ある

調べ物をしていて混乱してきたのでメモ。

一つはサーチコンソール(ウェブマスターツール)の「手動による対策」に通知が出てくる「手動ペナルティ」。もう一つは特に通知がくるわけではない「自動ペナルティ」。

手動ペナルティを受けてしまった場合は、サーチコンソールに通知がくるので淡々と対応すれば良いのでわかりやすいんだけど、問題は自動ペナルティを受けていると思われる場合。
恐らく info:URL で調べても結果に出てこなくなってしまうというのが一番わかりやすい判断基準なんだと思うんだけど、全ページをチェックするのはなかなかねぇ…

info:URL で調べると出てくるんだけどタイトルで検索しても全然出てこないとか、以前は上位に出てたのに大幅に順位が下がったとか、どこまでが自動ペナルティなのかも難しいところ。

そもそも自動ペナルティというのはそう呼ばれているだけなので、それがペナルティなのかどうなのかも微妙といえば微妙なんだけど、仮にこれは自動ペナルティに違いないと目星をつけたところで、意図的にブラックハットをやっている場合じゃないと、何をどうすれば良いのかでまた悩むと。

恐らく低品質なコンテンツだからコンテンツの品質を上げよう。ということになるんだろうけど…

# このブログは本当にメモのつもりで書いているので低品質って言われてもまぁ仕方ないのかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です