続linuxのファイルシステムチューニング(ext3)

以前linuxのファイルシステムチューニングについて調査したのをメモしていたので、実戦投入した成果もメモ。

ちなみに調査した時のメモは linuxのファイルシステムチューニング(ext3)について調査 | OpenMemo です。

そこそこ負荷のかかっているWebアプリケーションサーバー(RHEL4)にnoatimeオプションを適用してみたところ、未適用のサーバーと比べて30%ほどロードアベレージに差が出ました。

なんでnoatimeにしてなかったんでしょうね?

次はジャーナルモードを data=writeback にしてみたいところですが、そんなにガリガリ書き込み系な感じではないのでね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です